低気圧が去って2020年08月08日 08時32分

本州が猛暑の中、昨日は北上した台風崩れの低気圧と戦っていました。

礼文町では37か所の土砂崩れと多数の川の氾濫報告が役場に寄せられたようです。

私の住む場所の被害はありませんでした。

前日より通過する低気圧に備えました。

濁り始めた海や近くの川の様子です。
生活普及に向けた動きの朝が始まっています。

水分補給2020年08月04日 13時50分

昨日

礼文島もかなり暑い日となりました。

ようやく咲いた桔梗も「お水下さい」と言ったような・・・
「海穏やかなれど猛暑には勝てず」釣行を見送る夫。

昼下がり冷えたスイカを二人で頬張り身体の内からクールダウン。

「すぐそこの海で泳ごうか?」と誘ってみる。

「やめとけ❢」

「アザラシ体形だから間違われるぞ」

ごもっとも・ごもっとも・・・よく似て瓜り二つの体形に進化中。

暑いうえにご近所さんの目を腐らせてもね(/ω\)

今日

キャベツも夏バテ気味だったのかな?

昨晩からの雨の潤いで、結球準備に入りそうな気配です。

🦋蝶を追いかけキャベツの天敵青虫と対峙中。
わが家の菜園、水を得た魚のように勢いづいた感じがします。

昨年の玉ねぎから花が咲いて1m以上伸びて、今にも倒れそうでした。

花瓶に挿して活け野菜?鑑賞でも✨

しじまの中で2020年07月30日 20時14分

昨日

無風の夕凪に誘われ砂浜を散歩する。
子供の頃の情景が駆け巡り溢れ出す。

この砂浜は特別な場所。

海藻の中の北海縞えびすくい

流木で作った高跳びバー

磯船を背で担ぎ上げる亡き父の姿

砂浜でまどろんでいたら何やら・・・感じた視線。

カモメの目力(笑)
今日

南西の風強し

旅行者はアザラシに歓喜する。

私はウオッチングする人に心躍らす。

1組目・・・
2組目「おいで・おいで」声掛け

そして手招きまで(・□・;)💦
「手招きしても来ませんよ(笑)」

札幌より2020年07月09日 09時54分

7日夜札幌に到着しています。

フェリーから近づく稚内ノシャップ岬。

稚内市開基100年記念塔が公園の丘陵上に見えます。
見頃の水連が気になり抜海で停車してもらいました。
晴マークだったので洗濯物を干し終えた所です。

グングン気温の上昇を感じます。

礼文島とは10度は違うかも・・・

きょうも予定を精力的にこなします●~*

明日札幌へ2020年07月06日 07時56分

浜の仕事を頼まれ、忙しい日が続いていました。

明日7日から1週間程、札幌に行ってきます。

草刈り機で夫が伸び放題の雑草を切り倒してくれました。

いとこから頂いた草刈り機が活躍しています。
これで自宅窓からトド島が見えるようになりました。
キャベツ苗の移植後の水やり

小さい?葉がちぎれてる?

見ない・見ない(笑)
玉ねぎの追肥
枝豆メークインの土よせ
とにかく強風の礼文島。

帰ってきた時の成育が心配です。

風で茎ごと倒れ根本から振られる事もしばしばです。

強風に耐える事を願い明日の一便のフェリーで出発します。

趣味の時間を除けて、花よりお団子の日々ですが、ご訪問下さりありがとうございます❤

礼文島エコバックに花をペイント2020年06月29日 10時30分

エコバックが礼文町民に無料配布されました。

「礼文島リボンプロジェクト」の寄付金を活用して作られたエコバックです。

猫岩

礼文あつもりそう

礼文うすゆき草がデザインされています。

猫の左右の耳の間が北部の船泊湾に見えます?

しっぽのクルクル渦巻・・・自然循環を意味してるのかな?

エコバックを大切に使いたいと思いペイントしました。

故郷のシンボルデザインの傍に手描きでお花を加えました。

ピンクのエゾカンゾウ?とチシマフウロウのつもりです。

改めて「礼文島リボンプロジェクト」について調べてみました。

📖

礼文町では生物多様性地域戦略をたて平成23年「いきものつながり基本条例」を制定しました。

戦略を応援するため毎年、お花のリボンバッチを作っています。

リボンバッチを購入して頂き収益に充てるものです。

収益金は自然公園の補修や高山植物などの環境保護活動に使われます。

バッチには礼文島に自生する高山植物がデザインされています。

画像は礼文町HPよりお借りしました。

(2019年『キタノコギリソウ』)

裏山の花2020年06月22日 20時22分

海風を味わい自然を食す・・・風流な趣で始めてみました(笑)。

ここ数日は浜仕事の手伝いが続き実働部隊で活躍中。

仕事の後、カメラ片手に裏山の花を撮りました。

ヨモギやフキにイタドリに・・・混在して咲く自然の中のお花です。

朱に染まる裏山のエゾカンゾウの季節が好きです。
風流人気どり程遠く、完全防備のファッションでカメラを向ける。

ウルシやダニを侮るべからず。

使われなくなった干場(昆布を干す場所)。

瞬く間に雑草が伸びて白い花のエゾシシウドが占領中。
鎌を片手のスイングでパッサリ仕留めるお向かいさん。

素早く高度な技に驚きと笑い誘われ盗み見しながら笑みがこぼれる。

礼文島と石垣島2020年06月04日 06時49分

朝日色に染まる礼文島
室内もオレンジ色に・・・
風なく水面穏やかな早朝

🍍姪が住む石垣島から届いた写真

マングローブの下で潮干狩り
採ったのは「アラスジケマンガイ」
イシミーバイを釣った時の画像です。
北の島に住む私には稀少なものばかりです。

風向き2020年05月31日 14時06分

蒔いた芋畑にカラスが来て何やらほじくっている。

油断も隙もない・・・土から掘り出した種芋を食べるカラスに要注意。

それはダメ×

私達が食べるのだから・・・

至近距離に到達の夫が「コラッ❢」と一喝。

山側のカラス気づかず・・・・

海側に居たお隣さんが驚いて反応(笑えます)。

南西の強風。

風向きに要注意(笑)❢

画像

礼文上空の飛行ルート・・・北北西に進路をとれ🛫

ゆるり・ふんわり2020年05月29日 22時07分

道路脇に座り込み話しをするおばさん。

ソーシャルディスタンス立ち話しの夫と私。

そこに義姉が通りかかり4人で井戸端話しに花が咲く。

草刈り鎌を持ったままの人

リャカー押す手を留める人

免疫力に備えすぎて栄養過多のポンポコお腹の私達。

にわかな賑わいに誘われて、軽トラックの知り合いも車を停める。

ちょっとした小銀座形成(笑)

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

昨日は夫と二人で笹竹子とり。

続く山道、誰あぁ~れもいない。
ホウゥーホウゥー鳴くミミズクと竹藪仲間のピチュッピチュ小鳥。

人に触れ

自然を感じ

心やすらぐ田舎暮らしのありがたさ「ゆるり・ふんわり」